頭皮 紫外線

頭皮と紫外線

皮膚の老化にも色々な原因があるが、日焼けによる皮膚の老化の多くは、紫外線が原因と言われています。これは紫外線が細胞分裂の速度を遅くしてしまうためと言われています。

 

実は、頭皮も歴として皮膚の一部です。長い時間、海や山などで大量の紫外線を浴びてしまうと、ダメージを受けて、抜け毛の原因となってしまいます。

 

また、髪の毛は強い日差しを浴びると、熱いお湯をかけたのと同様に膨張してしまい、キューティクルがはがれやすくなると言われています。

 

こういったことは、暑い夏の終わりを思い出すとイメージしやすいでしょう。夏の終わりごろには、以前あった髪のツヤがなくなり、枝毛ができたりするなど、髪の毛がダメージを受けてしまっていますよね。

 

こういった紫外線による頭皮のダメージを防ぐには、まずは帽子をかぶるのが一番簡単です。帽子を長時間かぶるとハゲになりやすいともいわれていますが、紫外線の強い夏についてはやはりかぶった方がよいでしょう。

 

特に、ゴルフやテニスやアウトドアなどで、屋外で長時間すごすときには、防止の中に濡れタオルを入れ、UVカットの帽子をかぶるとよいでしょう。

 

ただ休憩のときには、防止を撮り、頭皮に新鮮な風をあててあげてください。そして夜は、その日の汗や髪の汚れを、シャワーでていねい洗い流しましょう。

 

 

余談ですが、紫外線には不思議な働きがあります。紫外線を適度に使えば、実は発毛促進になり得るのです。血行促進のためだけを考えれば、赤外線の方が良く効くのですが、紫外線にはそのは超の刺激の他にも殺菌力もあることがその理由です。最近ではほとんど使われていないようですが、一昔前までは、円形脱毛症の治療に紫外線を使っていたこともあるそうです。

 

 

白髪の原因