白髪 抜け毛 対策

白髪と抜け毛を止める3つのツボ

白髪や抜け毛を防止するには、頭部のツボを刺激する効果があると言われています。

 

東洋医学においては、頭は神経の集中する場所と言われています。このため、頭部を刺激すると、自膣神経が調整され、神経が安定します。それと同時に、根毛を支えている毛細血管が拡張されて血行が良くなるのです。すると当否の細胞が活力をまし、ち前治癒力も高まってくるというわけなのです。

 

 

白髪や抜け毛に関しては、2つの特攻のツボがあると言われています。それが、@防老とA健脳です。

 

基本的になツボは防老です。始めはこの防老のツボとその両側にある2つの経絡の周辺を刺激します。刺激を続けて何らかの効果が感じられたところで、健能へと刺激を与えていきます。

 

防老は、どこにあるかというと、頭頂部の百絵から、後頭部へ指一本分位下がったところにあります。そしてこの両側に胆経と膀胱経という2つの経路が並んで走っているのです。
防老を押しながら、これらの2つの経路も一緒に刺激していきます。

 

経路とは、東洋医学では気血という本来火顔持っている生命エネルギーの通路で、ツボと一緒に刺激することにより、より確かな効果が期待できるとされています。

 

 

健脳は、初めに、風池というツボを探します。
風池は首の後ろを親指と人差し指で左右からはさんで、頭の上へなで上げていき指がとまるところにあります。首の太い筋と耳の後ろの出っ張った骨との間のくぼみの中です。

 

健脳は、この風池から指1本位下がったところにあり、いずれも経路の胆経の上に位置します。

 

 

これらのツボは、毛髪の悩みに効果的と言われています。
寝る前にこれらのツボをマッサージすれば、その日のストレスも解消でき、熟睡できます。一石二鳥ですから毎日つづけてみましょう。

 

 

咀嚼は髪にも効果的