髪を速く乾かす方法

髪を速く乾かす方法(その1)

 

「髪を速く乾かす方法」というと、単なる時間短縮テクニックのように聞こえてしまいます。しかし、主な目的は「時間短縮」だけではありません。ドライヤーをかける時間が短くなれば、「ドライヤーによる摩擦」や「ドライヤーの熱がかかる」時間が短くなるので、髪ダメージがその分少なくなるというメリットがあります。

 

2枚のタオルで乾かす方法

大切なことは、ドライヤーをかける前の「タオルドライ」です。
タオルでしっかりと水分を拭き取り、その後にドライヤーをかけるようにしましょう。このようにすれば、ドライヤーをかける時間が短くなり、髪が傷みにくくなります。

 

ただ、タオルドライをする際には、注意点があります。それは、摩擦です。水分で濡れた髪の毛は弱まっています。タオルで力強くごしごしと拭いてしまうと、キューティクルがこわれてしまいます。キューティクルが壊れないようにやさしく水分をふきとってください。

 

タオルで髪を乾かす際には、大きなバスタオル一枚で拭くことが多いのではないでしょうか?しかしこれも、バスタオル1枚よりも、小さいタオル2枚の方が、速く乾きます。なぜなら、タオルは一度湿ってしまうと、水分を吸収する力が弱くなってしまうからです。

 

したがって、一番よいのは、通常サイズのタオルを2枚用意し、1枚めで水分をある程度とってあげます。そして2枚めで残った水分を取り直すようにしましょう。なお、余裕があれば、さらにもう1枚タオルを用意して、3枚を使って拭き取ればさらに速く乾きます。

 

>>髪を速く乾かす方法(2)を見る