低温ドライヤー シャンプー

抜け毛を防ぐシャンプー手順

洗うのは「髪」よりも「頭皮」

 

私たちは、「髪を洗う」と普通に使います。
ですが、実は洗わなければならないのは、実は「髪」というよりもむしろ「頭皮」なのです。

 

頭皮に残っている吹けや皮脂は、雑菌のえさになります。この雑菌がさらに頭皮を刺激して、フケや皮膚炎を招きます。
毛穴に詰まった吹けや皮脂は毛根を弱らせてしまう原因になりかねません。

 

シャンプーは毎日している。なのに、かゆみやふけがなくならない。
抜け毛もひどい。そんな人はシャンプーのやり方が正しいかどうか、チェックしてみるとよいでしょう。

 

 

正しいシャンプーの方法

 

正しいシャンプーの手順をご紹介しましょう。

 

@ブラッシングを軽くし、脂やフケをふき立たせる。

 

A40度前後のぬるま湯で、髪よりも頭皮を洗うような気持ちで頭を下洗いする。

 

B適量のシャンプーを手に取り、両手でよく泡だてて伸ばす。

 

C髪の生え際から頭全体に指を滑らせ、地肌にシャンプーが直接つくように広げていく。

 

D指の腹を使って、髪の根元で泡立てるように丹念に洗っていく。
 ・左右の耳の後ろからうなじにかけては、特に皮脂分泌が盛んな箇所なので、ていねいに洗う。
 ・頭皮に爪を立てて洗ったり、髪と髪をゴシゴシすりあわせて洗ったりしないこと。

 

Eシャンプーが完全に落ちるまで、徹底的にすすぎ洗いをする。

 

Fシャンプー後は、摩擦、乾燥、静電気防止のために、リンスやトリートメントをする。

 

いかがでしょう?
あなたは正しくシャンプーできていましたか?

 

 

髪の毛の大敵