低温ドライヤー ケラチン

髪の主成分はケラチン(タンパク質)

人間のカラダはほぼタンパク質でできてます。髪の毛も例外ではなく、成分の99%がタンパク質と言われています。

 

タンパク質は様々なアミノ酸が結合されてできた化合物ですが、髪の毛のタンパク質もわかっているだけで18種類のアミノ酸から作られています。髪の毛を作っているタンパク質をケラチンといいます。髪の毛は毛母細胞でできた毛が、上方へ上がっていく途中、ケラチンを細胞に蓄えながらかたくなり、髪の毛として成長していくのです。

 

髪の毛の主成分ケラチンは、タンパク質の中でも最も硬くて丈夫であるため、カラダの他の部分に比べると、外からの刺激にもダメージはうけにくいのです。髪の毛は折ろうとしても簡単には折れずにしなやかな性質ですが、この性質はケラチンの繊維が縦並びの構造をしているからと言われています。ゆえに、髪の毛は縦に伸びていきますが、横には太りにくいのです。

 

髪の毛の主成分ケラチンは、髪の毛だけでなく、皮膚や爪にも含まれています。一般的に「爪を丈夫にするにはカルシウムを取りなさい」とよく言われますが、これは正しくありません。なぜなら、タンパク質からできているからです。爪や髪の毛を燃やすと異様な匂いがしますが、これはケラチンに硫黄成分が含まれているためです。

 

>>髪の毛に良い食物はなに?