低温ドライヤー 髪の毛

髪の毛の大敵は「摩擦」と「熱」

髪の毛の最大の敵ってなんだかご存知ですか?
髪の毛の大敵は、実は、「摩擦」と「熱」なのです。

 

というのは、キューティクルというのは、
髪の毛が乾燥しているときにはしっかりと髪の毛についているのですが、髪の毛が濡れるとはがれやすくなる性質があるからなのです。

 

このような理由から、シャンプーをする際には、よく泡立てて髪の摩擦をできるだけ起こさないように、摩擦が最小限になるように意識して洗うことが大切です。

 

テレビのコマーシャルなどで、よく髪をすり合わせるようにして洗っていることがありますが、あの洗い方は避けるようにしましょう。

 

髪の毛をすすぎ洗いしたあとは、乾いたタオルで髪をよく拭いて水気を切ります。ドライヤーを使う場合は、くれぐれも長時間かけすぎないように気をつけましょう。乾き始めたら、もうそこでやめていよいのです。そのあとは、自然乾燥させるほうが髪にとってはよいのです。
また、髪の毛がヤケドしない程度の低温のドライヤーであれば安心です。
こちらのドライヤーは60度なので髪ヤケドの心配がありません。
低温トリートメントドライヤー

 

シャンプーの頻度

 

シャンプーをする頻度はどのくらいがよいと思いますか?

 

「1週間に何回シャンプーしますか?」

 

先日テレビを見ていたら、フランスでこんな質問をフランス人にインタビューしていました。その時の回答では週に1〜2回の人が多いようでした。フランス人は頭皮が弱いということなので、フランスではそれが普通ということ。
日本人は毎日シャンプーする人が多いと思いますが、髪にとってよいのは、少なくとも週2〜3回以上ということです。

 

 

フケ、脂性、抜け毛が気になる人

 

フケや脂性、抜け毛が気になる人は、

 

@お湯はぬるま湯で
Aツメを立てずに、
Bすすぎを完全に

 

この3つのポイントを頭に入れて、
1日1回のシャンプーを実践しましょう。

 

毎日洗っている場合は、1回洗いで十分です。
整髪料や汗が気になるようであれば、2度洗いしましょう。
その場合、2回目のシャンプーの量は、1回目の半分程度でよいです。

 

 

自分にあったシャンプー