白髪の原因

白髪の原因

白髪になる原因は、メラノサイトの老化が原因と言われています。メラノサイトとは髪の色を決めるメラニン色素をつくるものです。

 

ですから、40歳をすぎた頃から白髪が目立ち始めるというのは、自然現象なのです。白髪を根本的に治す方法はまだ発見されていません。

 

若白髪のメカニズムはどうかというと、これも実は老化による白髪と変わりません。ですが、なぜ人によって若い頃から白髪になる人もいるのか、そのあたりはまだ分かっていないようです。

 

ただ一般的に言われているのは、遺伝的要素が強いということです。

 

白髪がポツポツ目立ってきたときは、どうすればよいのでしょうか?

 

現実的なアドバイスになりますが、よく白髪を見つけると片っ端から抜いてしまう人がいます。
これはやめておきましょう。

 

よく「白髪を抜くとかえって増える」と言われていますが、これはまんざら嘘でもないようです。なんのケアもなしに抜いていくと、白髪はどんどん増えていきます。決して気のせいではありません。

 

というのは、ヘアサイクルの関係で自然に抜ける白髪はおいておくと、寿命がまだ残っている髪の毛を無理やり引っ張って抜いてしまうと、毛根にダメージを与えてしまうからなのです。
そして同じ場所の白髪を抜き続けているうちに気がついたらその白髪さえも生えてこなくなるということも起きてきます。

 

まだ白髪の本数は少ないけどどうしても気になるという人は、白髪を毛根からカットしてしまうのが一番いいです。
でも、つい抜いてしまったときはヘアクリームを毛穴にすり込んで毛根に栄養を与えてあげましょう。

 

 

白髪の悩みの解決策