低温ドライヤー 食べ物

髪の毛に良い食物

タンパク質中心にバランス良い栄養を

健康な髪をつくるには、偏食をせずにバランスよく栄養をとり、コレステロールとためないことが重要です。そのためには、次の3点がポイントです。

良質のタンパク質をたっぷりとる。
ビタミン、ヨードなどをとる。
脂肪の多いものや酸性食品を食べすぎない程度にとる。

 

具体的にはどのような食品を多く取ればよいでしょうか。
髪の毛の主成分ケラチンは、含流アミノ酸などのタンパク質で、肉、魚、卵、大豆などからとることができます。タンパク質の中でオススメなのが植物性タンパク質。特に大豆製品は「畑の肉」と言われるだけあってすぐれものです。

 

アミノ酸の中では、コラーゲンが髪にツヤとコシを与えてくれます。植物性コラーゲンとしては、納豆、おくら、なめこなどに豊富に含まれています。

 

頭皮の血行をよくする栄養素としては、ビタミンA・E・Pがあります。ビタミンAは、ほうれんそう、小松菜、にんじん、かぼちゃ、パセリなど緑黄色野菜に含まれています。ビタミンEは、ごま、玄米、胚芽米、アーモンド、くるみなどのナッツ類に豊富に含まれています。また、ビタミンPは、みかん、オレンジ、レモンなど柑橘類や、そば粉、いちご、杏などに含まれています。

 

海藻類のミネラルで発毛促進

コレステロールを溜めないようにする食品としては、イカやタコ、貝類などに多く含まれるタウリンや、イワシ、サバ、アジなどの青魚に豊富なEPA(エイコサペンタエン酸)があります。また、ストレス解消、血圧を正常に保つカルシウム、貧血を防ぎ、血行をよくする鉄分も欠かせません。

 

一般的に「髪の毛にはワカメや昆布などの海藻類がいい」と言われますが、これは髪の成長に影響するビタミン、ミネラル、カロチンが豊富に含まれているためですその代表のミネラルがヨードで、甲状腺を刺激して、発毛を促すホルモンを分泌すると言われています。

 

また、ミネラルの一つでセレニウムは、抜け毛を防ぎメラニン色素を生成する働きがあり、白髪を予防します。セレニウムは玄米に多く含まれていますので、玄米を食べると良いでしょう。玄米をたくのがおっくうという人は、強化米を白米に混ぜて炊くと手軽にセレニウムを摂ることができます。

 

>>髪の毛にはアルカリ性食品がよい