低温ドライヤー 髪をケア

ドライヤーで髪をケアする方法

通常の高温ドライヤーは髪を傷めてしまうイメージがあります。しかし、低温ドライヤーであれば髪ヤケドしない温度なので、髪をケアすることができます。そこで、低温ドライヤーで髪をケアする方法を2つご紹介しましょう。

 

髪を温めてからキューティクルに栄養補給

私たちの髪の毛の温度は、気温とほぼ同じ温度なのだそうです。たたえば、気温が22度とすると、髪も同程度の22度となっていて、通常はキューティクルが閉じた状態になっています。

 

この温度があがり30度〜60度になると、徐々にキューティクルが開いていきます。キューティクルが開くと、キューティクの隙間が広がった状態になります。この状態には2面性があり、一つはデメリットで、髪がダメージを受けやすい状態となっています。もう一つはメリットで、髪にヘアエッセンスやトリートメントといった栄養分が吸収されやすい状態でもあるのです。

 

つまり、30度〜60度の温度は髪のケアに最適な温度なのです。そこで、60度までの温度の低温トリートメントドライヤーで髪を乾かし、キューティクルを開いてあげ、ヘアエッセンスやヘアトリートメントを与えてあげれば、髪の毛に栄養分がしっかりと浸透していきます。その後、温度が下がればキューティクルのフタが閉じ、栄養分が中に閉じ込められて、髪のケアに効果的ということなります。

 

ヘアタオルとドライヤーの併用

髪を洗ったあと、ヘアトリートメントを満遍なく髪全体に塗ったら、そのままタオルを巻きます。そして、タオルの上から全体に約1分程度ドライヤーを当てます。濡れた髪にタオルを巻くことにより、トリートメントを髪に浸透しやすくする効果があるのです。

 

そもそもトリートメントが髪にしみこむ際、水分は邪魔なのです。そこで、ヘアタオルが髪の水分とお風呂の蒸気を吸い取ってくれるのでトリートメントがよく浸透します。さらに、髪に巻いたタオルの上からドライヤーの温風をあてることで髪表面の水分も減り浸透力向上につながるのです。(ドライヤーは浴室で使うのは危険ですので浴室内では絶対に使わないでください)

 

 

以上、ドライヤーを用いた髪をケアする方法を2つご紹介しました。
のような方法をとれば、自宅でも手軽に髪をケアすることができ、驚く程美しい髪になっていくでしょう。

 

>>まとまりやすい髪にするには?